宮城で採れた良質な木材で造る&ハイクオリティーパーツ

想創は、ここ宮城県で採れた良質な木材を、ふんだんに採用します。 地域で育成された木を、地域の材木屋、地域の職人さんと一緒に作っていく。そして、その家にその地域で生きていく家族が住んで頂ける。それこそが地域工務店の本懐であると信じているからです。

1.外壁も内壁も手塗りの壁

私たちが提案する建物は外壁も内壁も職人手塗りの壁です。外観の塗り壁の色をモダンなカラーなどに変える事でイメージを伝える事ができ、味わいもグッと増してきます。
室内の仕上げには漆喰を採用しています。ナチュラルな見た目と優しい雰囲気、一歩家に入ると無垢の木が香り、きれいな空気に包まれます。

2.天井・床だけでなく造作家具も無垢材

天井や床だけでなく、造作家具まで、ふんだんに本物の木(無垢材)を使います。無垢の床は足ざわりも柔らかく、冬もあたたかい・・・また、室内をちょうどいい湿度に保つ性質もあります。木そのものが持つ質感は、住めば住むほど味わいが増し、昔ながらの味わいや重厚感を醸し出すことが出来ます。
キッチンやリビングに備相性も抜え付けられた、無垢材の収納棚は漆喰の壁と群です。また、電子レンジや炊飯器を置くカウンターなども建物と馴染むご提案をしています。

3.2つの工法を組み合わせた高い耐震性能

壁構造自体は在来軸組工法で行います。土台、柱、梁で組上げしっかりとした木造構造にします。通常の 軸組み工法はそれに筋交いを施工するのですが、家蔵では壁工法の強さを得るために、この構造材の外側に耐力壁としてパネルを張り詰め、なおかつ必要とされる部分には筋交いを施工します。これで軸組みと壁工法の良さを合わせたことになり、地震に強い家の構造が完成します。

4.木から生まれたエコ断熱材「セルロースファイバー」

セルロースファイバーは欧米諸国で開発された環境・健康に対応した次世代エコ断熱材です。欧米諸国では普及率が高く、最もポピュラーな断熱材として定着しています。木から作られたセルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくし、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

5.薬品を使わないシロアリ対策「ホウ酸処理」

シロアリを中心とした害虫を寄せ付けない防蟻、防虫効果。ホウ酸だんご というゴキブリ駆除材にも使われているように、害虫への忌避効果に優れています。
そしてもう1つは「木材の保存」。 木材腐朽菌を防ぎ、木材自体が腐る事を防いでくれます。海外では50年以上前から実績が あり、アメリカでは建築する際に構造材塗布が義務付けられている州もあります。